前へ
次へ

弁護士の資格があればできる他の士業とは

弁護士の資格を持っていると、法律業務のみならず、他の士業の仕事もできることをご存知でしょうか。たとえ

more

弁護士のバッチとはどのようなものなのか

弁護士がつけているバッチは、どのいうものであるかご存知でしょうか。このバッチは弁護士記章とも呼ばれ、

more

税理士取得するために必要な受験資格

最近、税理士を習得する方が増えています。しかし、税理士になるための試験を受けるには受験資格をクリアし

more

自己破産をする前はリスクについてもチェック

借金を返済する際には利息も支払うことになりますので、そのことも考えて返済計画を立てておくことが大切です。さらに、収入とのバランスも考えて無理のない金額を借りるようにしましょう。返済計画をしっかりと立てておけば、返済で困るという心配はほぼなくなりますが、無計画に借り入れ金額や借入れ先を増やしてしまう人も少なくありません。おまとめローンの利用や低金利のローンへの借り換えなどで返済を楽にしていく方法もありますが、それでも返済が厳しいという場合は債務整理も考えていきましょう。債務整理を行う際は借金はをできるだけ減額できるほうが良いといえますが、自己破産は返済の義務がなくなる方法として知られています。借金がなくなることはメリットですが、自己破産はメリットだけではなく様々なリスクもあります。手続きを行う際はデメリットについても知っておきましょう。まず債務整理をするとどの方法であっても5〜10年程度は新たな借り入れは難しいとされています。そして、自己破産をした情報は官報に掲載されることになります。価値のある財産がある場合はそれを手放す必要があることも知っておきましょう。それから一部の職業については制限も出てきますので、一時的に仕事に就けなくなる可能性もあります。マイホームを手放したくないという場合は個人民事再生を選ぶなど、他の債務整理で解決していくことも考えていきたいところです。さらに、自己破産を行うには裁判所での手続きも必要です。法律的な知識がないと難しいものもあり、多くの人は弁護士など法律の専門家に依頼しています。専門家に任せておけば、スムーズに手続きが進むことが期待できますが、この場合も着手金や成功報酬などが必要になります。すべての借金を整理することになりますので、任意整理のように整理したい借金だけを選ぶというわけにはいきません。保証人が付いている場合はその人への影響も出てきますので、保証人がいる場合は相談しておくことも大切です。

西宮で新しいパソコンのセットアップ

0円での会社設立への手伝いもしています
手数料完全0円で、最短1日で会社設立の手続きが可能ですし仕事帰りなど夜間の相談も可能です。

国が認めた経営革新等支援機関が融資診査をフォロー
斎藤税務会計事務所は創業融資に強いです。自信があるので内金なしの完全成功報酬であなたの創業融資をサポート。

法律に関する翻訳をお願いするなら

面倒な事業再構築補助金手続きは大阪のコンサルタントにお任せ
専門知識があるからスムーズに手続きを済ませます

Page Top